2017年11月19日日曜日

名取市 小塚古墳




宮城県名取市にある「小塚古墳」径54mの円墳。雷神山古墳の後円部の至近にあり、群馬県にある太田天神山古墳と女体山古墳との関係に似ているのではと思うが、こちらの方が時期的には早くに築かれているとの見解になっている。

名取市 雷神山古墳






宮城県名取市にある「雷神山古墳」墳丘長168mの東北屈指の前方後円墳。この古墳の後、名取平野に築かれる前方後円墳は賽の窪古墳群の中にある、5世紀中頃の築造とされる全長90mの名取大塚山古墳になりますが、その後はめぼしい古墳は見当たらないようです。そのあたりのことなどは、仙台平野に築かれている全長110mの前方後円墳「遠見塚古墳」の存在を含めて考えると、4世紀後半から5世紀にかけての東日本の動向の一端が見えてくるのかもしれません。なお、雷神山古墳からは穏やかに見える周辺の景色も、震災においては大きな被害を受けたことはテレビで見ましたが、復興はまだ道半ばの所もあるとお聞きしました。

2017年11月18日土曜日

名取市飯野坂古墳群 薬師堂古墳



名取市飯野坂古墳群の中にある「薬師堂古墳」全長66mの前方後方墳。この古墳群中一番南東側にある。南側には消滅した山囲古墳があったらしい。

名取市飯野坂古墳群 宮山古墳





名取市飯野坂古墳群の中にある「宮山古墳」全長60mの前方後方墳。山居古墳から南東方向に若干距離をとった位置にあり、この古墳群中一番高所に築かれている。南側には消滅したカラト塚古墳があったらしい。

名取市飯野坂古墳群 山居北古墳





名取市飯野坂古墳群の中にある「山居北古墳」全長42mの前方後方墳。この古墳群中一番北西側に位置している。

名取市飯野坂古墳群 山居古墳






名取市飯野坂古墳群の中にある「山居古墳」全長60mの前方後方墳。この古墳群自体が住宅団地に取り込まれてしまっている。

2017年11月14日火曜日

名取市飯野坂古墳群 観音塚古墳




2基の方墳の南東方向に築かれている「観音塚古墳」全長65mの前方後方墳。
この古墳群に5基ある前方後方墳の主軸はほぼ北西方向にそろえられているが、この観音塚古墳と2基の方墳の立地は、西側にある山居古墳、山居北古墳より低い位置にあり、当然西側の眺望は開けない。よって、北側から南東にかけてを意識した築造立地となるのだろうと思うが、北西方向には実見できなかったが高舘山古墳があり、そちらも意識してたのではと思うが。

2017年11月13日月曜日

名取市飯野坂古墳群 観音塚北1号墳


観音塚北2号墳の東南側至近に築かれている「観音塚北1号墳」14,4mの方墳。

名取市飯野坂古墳群 観音塚北2号墳


名取市にある飯野坂古墳群の中にある「観音塚北2号墳」14,2mの方墳。

2017年11月12日日曜日

宮城県名取市 飯野坂古墳群

宮城県名取市の住宅団地の中にある飯野坂古墳群。主軸を同じくする5基の前方後方墳と2基の方墳とで構成されている。興味深い構成です。築造順は観音塚古墳→宮山古墳→薬師堂古墳→山居古墳→山居北古墳という変遷が想定されている。

2017年11月11日土曜日

宮城県名取市 高舘山古墳






JR名取駅から北西方向約4kmほどの所にある標高約200mの高舘山に「高舘山古墳」はある。前方後方墳、全長約60m。測量が行われていて、熊野那智神社近くにある観音堂付近から山道に入り、高舘城址の反対側にあるらしいというところまでは調べてきて、あとはぶっつけ本番ということで現地に入ったが、時間的制約もあり結局たどり着けなかった。ザンネン。下段画像の測量図は雷神山古墳の所にあった掲示板より。

2017年11月10日金曜日

宮城県名取市の古墳踏査


今日、宮城県名取市にある前方後方墳を中心に古墳踏査をしてきた。
順次公開していきたい。

2017年10月31日火曜日

常陸太田市常福地町のある地点へ



今年5月、50storm氏からの情報により訪れた地点を再度見てみた。この地点は、東側に国道349号線が走り、並行するように里川が流れている。複数見られる石材周辺がそれなのか、はたまた、周囲より一段高くなっている範囲をそれと捉えるべきなのか判断できない。彼が注目しているのだから、中世の遺構の可能性の方が高いのかもしれない。

2017年10月27日金曜日

乱読本

                                                     ブダペシュトの風景

◦「検証 天皇陵」   外池 昇著   山川出版社
◦「終わりなき革命 ハンガリー1956」 ビル・ローマックス著
            南塚 信吾訳  彩流社
◦「東国古墳時代埴輪生産組織の研究」 日高 慎著 雄山閣
◦「佐竹一族の中世」  高橋 修編   高志書院
◦「ハプスブルク三都物語 ウィーン、プラハ、ブダペスト」
           河野 純一著  中公新書
◦古代の東国 2「坂東の成立」飛鳥・奈良時代
           川尻 秋生著  吉川弘文館
◦「前方後円墳の築造と儀礼」 塩谷 修著   同成社
◦「水戸藩の郷士」 瀬谷 義彦著  筑波書林
◦「大世界史」現代を生きぬく最強の教科書
        池上 彰 佐藤 優著 文春新書
◦「夢遊病者たち」1.第一次世界大戦はいかにして始まったか
   クリストファー・クラーク著 小原 淳訳 みすず書房
◦「夢遊病者たち」2.第一次世界大戦はいかにして始まったか
   クリストファー・クラーク著 小原 淳訳 みすず書房
◦「ハンガリー・チェコスロヴァキア現代史」
          矢田 俊隆著  山川出版社
◦古代東国1「前方後円墳と東国社会」 若狭 徹著
                     吉川弘文館
◦「国貧論」   水野 和夫著  太田出版
◦「歴史随想ー史跡と回想」 瀬谷 義彦著 エッジ・カンパニー
◦「人類のやっかいな遺産」 ニコラス・ウェイド著  晶文社
◦池上彰が世界の知性に聞く「どうなっている日本経済・世界の危機」
         池上 彰著 文藝春秋社
◦「明治初期日本の原風景と謎の少年写真家」
    ミヒャエル・モーザの「古写真アルバム」と世界旅行
  アルフレッド・モーザ著 ペーター・パンツァー監修
         宮田 奈奈訳 洋泉社
◦「職業としての科学」  佐藤 文隆著   岩波新書
◦「シリア情勢 ー終わらない人道危機」
             青山 弘之著  岩波新書
◦「ヤマトタケルと常陸国風土記」 黒澤 彰哉著  茨城新聞社
◦「昨日の戦地から」 米軍日本語将校が見た終戦直後のアジア
      ドナルド・キーン編  松宮 史朗訳  中央公論新社
◦「イスラエルを知るための60集」 立山 良司編著 明石書店
◦「国のない男」  カート・ヴォネガット著  金原 瑞人訳
                    NHK出版
◦「前島 平と七人組」常陸太田英雄列伝
             先崎 千尋著  茨城新聞社
◦「ルーマニアを知るための60章」六鹿 茂夫著  明石出版
◦「ハンガリーを知るための47章」 羽場 久美子編 明石書店
◦「磯原大塚西明寺物語」山口炭礦炭住街のあたり
            千田 正哲編著  非売品
◦「意味としての心」 「私」の精神分析用語辞典
            北山 修著  みすず書房
◦「最後の超大国インド」 平林 博著  日経BP社
◦「最後の授業」 心をみる人たちへ 北山 修著 みすず書房
◦「地名の謎を解く」隠された日本の古層 伊藤 ひとみ著
                      新潮選書
◦「ゲノム編集を問う」作物からヒトまで 石井 哲也著 岩波文庫
◦「現代東欧史」多様性の回帰  ジョゼフ・ロスチャイルド著
          羽場久美子、水谷 駿訳 共同通信社
◦「医師ゼンメルワイスの悲劇」今日の医療改革への提言
          南 和嘉男著  講談社
◦「ヨーロッパ文化と日本文化」ルイス・フロイス著 岡田 章雄訳注
                     岩波文庫
◦「過去と未来の国々」中国と東欧  開高 健著  岩波書店
◦「邪馬台国時代の東海と近畿」 香芝市二上山博物館編 学生社
◦「普及啓発講演会報告集」平成26年度
         公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構
◦「ハンガリー紀行」マジャール民族の国を訪ねて
            久保 義光著  泰流社
◦「ベオグラード日誌」  山崎 佳代子著  書肆山田 
◦「ハンガリーのいなか町で」 森本 初美著 文芸社
◦「海と考古学」 海交史研究会考古学論集刊行会編 六一書房
◦「左遷を楽しむ」日本道路横断四国支社の一年
              片桐 幸雄著 社会評論社
◦「ハンガリー公使 大久保利隆が見た三国同盟」ある外交官の
   戦時秘話   高川 邦子著 扶桑書房出版
◦「大航海時代の日本人奴隷」 ルシオ・デ・ソウザ 岡 美穂子著
                 中公新書
◦「オスマンVSヨーロッパ」トルコの脅威とは何だったのだろうか
       新井 政美著   講談社選書メチエ
◦「セルビアを知るための60章」 芝 宜弘 山崎 信一編著
                   明石書店