2018年7月11日水曜日

北茨城市 台畑古墳群




北茨城市磯原町大塚にある長福寺の境内及びその付近にある台畑古墳群。北茨城市教育委員会が1976年に発刊した北茨城市文化財調査報告Ⅱによれば、「台畑古墳群、5基、痕跡は10基以上」となっているが、現状は国土地理院の傾斜量図も参考にすると、3基が確認できる。これらの古墳は、他の古墳群が海岸線の砂丘上に位置するのとは違い、海岸線から3~4kmほど内陸に入った大北川をのぞむ台地に位置している。この古墳群の埴輪は確認されていないようで、私も確認していない。今後の調査が待たれる。

北茨城市散策






堤防だけではなく、新たな観光施設なども造られているようです。

北茨城市の海岸線を南北につらぬく6号国道を起点に、西側 所謂内陸の様相なども眺めてみれば、北茨城市の古墳の大部分は、南から塩田川、大北川、里根川流域の海岸線に築造されており、主要な古墳は海岸線の、海上から認識されやすい位置に立地する。近年提唱されている海浜型古墳の範疇に入る可能性があるのではないのかなと思う。

2018年7月8日日曜日

阿弥陀堂




常陸太田市大里にある阿弥陀堂。1月にお邪魔したときには屋根の葺き替え工事中でしたが、きれいになっておりました。

2018年6月29日金曜日

北茨城市踏査



地図を確認すると、丘陵先端部の等高線が円形になっている地点が北茨城市関南町にあり、訪れてみた。古墳ではなさそうですが、東側斜面は凝灰岩質のように見え、付近には横穴墓がもあるようで、寒くなってから再度確認してみようと思う。

天妃山がある大北川河口部の堤防工事が進行していた。

2018年6月24日日曜日

梅雨の晴れ間の



快晴とまではいかない天気だったが、数か所を巡る散歩をしてきた。
隠れた名所なのかもしれない、常陸太田市岩手町にある親沢池親水公園のハスの花。
まだ花が咲くのには早すぎたが、気持ちが清々とする公園だ。
途中、花房町、松栄町を下見し、星神社古墳へご挨拶をしてきた。

総会

23日は、歴史館にて開催された茨城県考古学協会の研究会に参加してきた。
受付にいた早川氏と北茨城市の古墳について少々会話をし、私が以前採集した矢指塚古墳群の埴輪を、参考になればと手渡す。

2018年6月22日金曜日

国土地理院の機能

国土地理院の多くの情報の中に地理空間情報ライブラリーがあり、そこに「傾斜量図」と云うものがあることに気が付きました。赤色立体地図は画期的なものですが、それと同様地形を読むのには有効に活用できそうです。
画像は、常陸太田市島町、小島町、中野町にまたがる古墳群。右側に梵天山古墳と阿弥陀塚古墳、大きな円墳は高山塚古墳。真ん中の前方部が不鮮明なのが星神社古墳。その左側にかすかに見えるのが中野冨士山古墳。